HOME > カラダの歪みについて

カラダの歪みについて

体のゆがみの原因

3大ストレスを 知っていますか? 1精神的ストレス(怒り、悲しみ、不安) 2肉体的ストレス(疲労、運動不足、低気圧) 3生化学的ストレス(水毒、空気毒、食毒)

腰・肩・首・膝などの「痛み」は「体の歪み」によって引き起こされます。

正確に言うと「脊髄のゆがみ」です。
脊髄が歪むと「体が歪む」のです。

私はその歪みを「正す」ことで、体が本来持っている
「健康体(正常状態)」を取り戻し「痛み」を取り除く治療を行って来ました。

しかし、なぜ「脊髄」は歪むのでしょうか?
何が原因だろう?
そんなご質問をよく頂きますのでこの場を使いご説明させて頂きます。

当然ですが、なんの前触れも無く脊髄は悪くなりませんし、
それが患者様にわかって頂かなければいつまでたっても体は悪いままです。

患者様に知って頂きたのは全ての原因は「3大ストレス」が引き金になっていると言う事です。
それを下記の図で見ていきましょう。

体のゆがみの原因のイメージ

正常な状態です。
当然ながら皆様最初は健康体です。

3大ストレスによって歪みが生じます

■自律神経不調
■不眠症
■疲労感・神経質
■内臓疲労

腰痛が発生する段階です。
腰痛の約90%、また下記の症状が「仙腸関節のゆるみ」より引き起こされます。

■股・腰・肩・首の痛み等
■全ての筋肉・骨格痛
■頭痛・めまい
 

椎間板へのダメージ下記のような症状を引き起こします。

■神経痛
■ヘルニア
■手や足の冷え

上記図のように、三大ストレスが体にあたえる影響はとても大きく、
脊髄がストレスを受け止める事で、「ねじれ」という症状となり、骨格をゆがめ、骨をずらし、またその骨が「神経」を圧迫してしまうなどの体全体に悪い循環を及ぼしているのです。


それが「バランスが悪くなる」という結果なのです。
バランスが悪くなると自律神経のバランスが崩れ、夜ぐっすり眠れなくなったり、疲れが溜まりやすくなってしまい、よりストレスを発生させ「内臓疲労」という形で体の奥深くから蝕んでしまうのです。

また歪みが長引くと、慢性的な体の歪みのきっかけとなってしまいます。
それは、歩けば歩くほど、動けば動くほど体にさらなる「歪み」を生み出し、その人の体の弱い部分にさらなる負担をかけ続けるという悪循環をさらに強固にしてしまいます。

患者様が悩み続けている「張り」や「コリ」・「筋肉の縮み」などがそれで、「五十肩」や「首の痛み」、「腰痛」や「膝痛」、さらには「頭痛」や「情緒不安定」、「顎のかみ合わせ」など、カラダの多くに害をもたらします。

もっとも有名な症状が「ヘルニア」と言われ、脊髄のねじれが腰椎に負担をかけてズレが生じ、傾いた側に出る神経痛がヘルニアになります。

しかし上記にあるように3大ストレスは幅広く、私達が日常の生活をおくっていく中で、必ずと言ってもいいほど多くの場面で触れてしまいます。

よって当院では、脊髄のねじれを正すだけでなく、いつまでも下記の図のように「健康な体」を維持できるようアドバイスさせて頂いておりますのでお気兼ねなくご相談下さい。


※クリックすると拡大します。

■上記図の「治療」項目以外の3原則は自己管理によるものです。
詳しくは当院にて2つのパンフレットを配布しております。

①健康度を上げるための「自己管理ガイド」
②血液療法「スイッチオン回復システムガイド」


ご希望の方はお気兼ねなくお声がけ下さい。