院長ブログ

2014年5月26日 月曜日

50肩・・・

今日は50肩と腱板断裂の関連性についてお話します。 
背骨の歪み→仙腸関節離解→広背筋の緊張により上腕が後方へ
引かれる→腱板の硬縮→わずかな力で断裂。これが流れです。
背骨が歪み、その結果50肩になっている人が腱板断裂を起こす人たちなのです。
腱板断裂は固定で治すと50肩が更に進んでしまう為悪習慣です。
殆どは手術の適用となりますが、かなりの期間リハビリが必要になり仕事、生活にも支障を
きたします。50肩のうちに早めの治療をすることをお奨めします。

*タオルを両手で後手に持ってウェストラインに位置し肘を前方へ押してもらって
下さい。前へ動かない側、又は後方へへの字を書いて固まっていれば間違いなく
50肩です。左右硬い人は両肩50肩になっている可能性があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 片山整骨院