院長ブログ

2013年1月18日 金曜日

続き・・

眠りについての前回の続きをお話します。
人間の脳は鼻からの呼吸、咀嚼運動、歩行、の3つで
正常に働くのです。そこで次の方法を試してみてください。
朝ガムを口を閉じたまま咬み鼻からの呼吸と咀嚼運動を
同時にして更に太陽光に向かってウォーキングを行って
下さい。これを続ける事で体内時計、体内リズムの両方が
しっかり働き、眠れるだけでなく体調がとても良くなるはずです。
*対人関係の悩み、心のトラウマ等でいつも交感神経が興奮
している人は自律神経微調整治療を受けてみてください。
人間人生90年として30年は布団の中ですから眠りの質が大事
ですね。体は眠っている時の副交感神経の働きによって
回復するのです。心身の疲れはその日のうちにとりたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 片山整骨院