院長ブログ

2013年1月11日 金曜日

新年・・・

今年初のブログ更新です。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今日は(眠り)についてのお話です。
人は脳の第3脳室の松果体からメラトニンという睡眠物質を
出しています。年を取り松果体が働かなくなると眠れなくなります。
MRI等で見ると若者では写らない松果体が年配になると石灰化して
写るようになります。こうなった場合はメラトニンを直接摂る事を
お奨めします。睡眠薬には副作用があり深い眠りにつけないからです。
できれば朝の光を目に入れると体内時計のスイッチが入り
夜眼をつぶると安心物質のセロトニンがメラトニンに変化して眠りに
落ちていきます。
メラトニンの原料はアミノ酸の一種豆腐や豆乳で納豆等に多く含まれる
トリプトファンなので夕食にたくさんとっておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 片山整骨院