院長ブログ

2012年9月20日 木曜日

出産後の腰痛・・・

出産後の腰痛・・・(仙腸関節の靭帯損傷)
女性の方は自然分娩する事で仙腸関節を繋いでいる
前、後、骨間仙腸靭帯の断裂、恥骨結合の分離を起こします。
傷ついたまま瘢痕治癒になって一生そのままだと、ある一定年齢
になると腰回りや脚の筋力が落ちてきたり肥満で体型が変わると
腰が一気にいたくなり年に1~2回ぎっくり腰を繰り返すようになります。
どうすれば良いかというと傷が新鮮な内にに治療し骨盤、仙骨を合わせ
2か月固定すると元通り治るという事です。
退院したらすぐに整体を受けて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 片山整骨院