院長ブログ

2012年9月10日 月曜日

風邪をひき・・・

風邪をひきくしゃみ1発でギックリ腰を起こしてまともに動けない人・・
そのあともくしゃみ、咳をする度に激痛が走り、来院された時は涙目でした。
これは股関節の内側から腰椎の5,4,3,2,1、及び横隔膜まで付着して
いる大腰筋の仕業です。くしゃみで横隔膜が凄いスピードで上下動する際に
大腰筋に引っ張られ椎間板の中にあるゼリー状の髄核が移動してしまう為に
発生します。通常の整体の後椎間板テクニックで髄核を戻すと咳、くしゃみ
でも痛みが走らなくなった。  というお話です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 片山整骨院